日経平均株価は2年ぶりの高値奪還へ!!


2017年6月20日(火)


本日(6月20日現在)、日経平均株価が年初来高値を更新し、2015年8月以来の高値水準へと上昇しています。

いよいよ2015年6月30日に付けたITバブル崩壊後の高値20952円71銭の更新が視野に入る動きとなってきました。

そんな中、話題となっているのが、東京株式市場での年初来高値更新銘柄数です。

6月19日までの東京証券取引所一部で年初来高値を更新した銘柄が16営業日連続で100社更新し、こちらも2015年6月に記録した21営業日連続以来の数字となっています。

新型ゲーム機への期待が高まる任天堂【7974】、ゲーム部門が好調で業績回復の著しいソニー【6758】、10兆円ファンドでハイテク企業を主導するソフトバンク【9984】などは既に大型株の中でもアベノミクス相場の高値を更新しており、相場のけん引役として大きな期待が寄せられます。

さらに、大型株だけではなく、中小型株への個人の投資意欲は旺盛で、東証二部指数は1980年代のバブル期の高値も超え、すでに史上最高値を更新しています。

少し早いですが、株式市場は夏祭りの真っ最中です!!
ホームに戻る

弊社経営理念とご挨拶

株式投資の羅針盤
投資家から絶大な支持

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

銘柄に関するご相談はコチラからどうぞ!

LINE@
投資家タイプ診断
理解度テスト