ジャクソンホール会議

8月23日(木)


ジャクソンホール会議とはワイオミング州ジャクソンホールで、毎年8月に開催されるカンザスシティー連銀主催の経済シンポジウムのことを言います。

各国の中央銀行総裁、政策担当者、学者などが、世界経済や金融政策を検討する場となっており、株式市場のみならず金融市場での重要イベントとして位置づけられております。

講演のテーマは、「変化する経済における金融政策」。

過去には

2010年 当時のFRB議長であったバーナンキ議長がQE2(量的緩和策)を示唆

2014年 ECBのドラギ総裁が金融緩和策を示唆

2016年 FRBのイエレン議長が早期利上げを示唆

するなど金融政策の方向性を示したこともあって、市場関係者からの注目度は高いものとなっております。

パウエルFRB議長の講演においては、今後の金融政策や利上げペースに関する発言に注意しておきたいところです。
ホームに戻る

弊社経営理念とご挨拶

株式投資の羅針盤
投資家から絶大な支持

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

銘柄に関するご相談はコチラからどうぞ!

LINE@
投資家タイプ診断
理解度テスト