eスポーツ

5月24日(木)


このところ国内外で耳にすることが多くなった「eスポーツ」。


海外ではプロフェッショナルとして活躍次第では多額の賞金を獲得するなど、人気上昇と共にプレーヤーが増加しており、日本でも本格的な活動が始まっています。


「eスポーツ」とは「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称です。


一般社団法人日本eスポーツ連合は5月22日、2019年茨城国体で「都道府県対抗eスポーツ大会」を開催することを発表しました。


「いきいき茨城ゆめ国体(第74回国民体育大会)」と「いきいき茨城ゆめ大会(第19回全国障害者スポーツ大会)」に合わせて実施するもので、都道府県対抗として全国初の試みです。


競技種目はサッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズを予定していると言い、選手募集などの詳細は随時発表とのこと。


日本でも認知度と人気が高まりそうですね。
ホームに戻る

弊社経営理念とご挨拶

株式投資の羅針盤
投資家から絶大な支持

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

銘柄に関するご相談はコチラからどうぞ!

LINE@
投資家タイプ診断
理解度テスト