FANG株

3月29日(木)


米国株式市場で牽引役を担ってきた「FANG」株ですが、ここにきてそれらを見直す動きが強まりつつあります。


米国の代表的なハイテク株をまとめて呼ぶ「FANG」などで構成した株価指数は、27日の米国市場で2014年9月の算出開始以来、最大の下げとなりました。


F:フェイスブック  
利用者情報の不正流用問題で株価下落

A:アマゾン・ドット・コム  
トランプ大統領がアマゾンに対して課税上の取り扱いの変更や反トラスト法にもとづく提訴を模索していると報じられ株価下落

N:ネットフリックス

G:グーグル(現アルファベット)


豪運用会社のベータシェアーズは運用するESG上場投資信託(ETF)で3.9%と上位組み入れ銘柄のフェイスブック株を除外すると発表した他、スウェーデンのノルデア銀行も、フェイスブックへの投資を一時保留し、3カ月間は購入を許可しない方針を公表しました。


一方では、「新たな牽引役」を模索する動きもあり、株式市場では「ネクストFANG」株への関心が高まりつつあります。


世界的なニーズが生じている「テーマ」は限られますので、見落としの無いようにお願い致します。
ホームに戻る

弊社経営理念とご挨拶

株式投資の羅針盤
投資家から絶大な支持

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

銘柄に関するご相談はコチラからどうぞ!

LINE@
投資家タイプ診断
理解度テスト