無料コラム&レポート

ホーム > 無料コラム&レポート

  • 注目マーケットレポート

    週刊相場見通し -日々是相場ウィークリー
    2018/07/30 08:00更新
    ≪先週の相場概況≫
    先週の日本市場は週初は日銀の金融緩和スタンスが変更になるのではないかとの懸念から大きく売られ下値を試すような始まりとなったのですが、米国の貿易問題などが一服となったこともあり、徐々に落ち着きを取り戻し、買い戻しなどを交えて堅調となりました。決算発表が始まるなかで特に好調な決算というものが見られたわけでもなく、逆に日米ともに芳しくない決算も見られたのですが、特に影響されるということでもなく、値持ちの良い展開となりました。日経平均に影響が大きな銘柄とTOPIXに影響が多いな銘柄の入れ替えのような動きになり、総じて堅調でした。
     
    ≪今週の相場見通し≫
    今週の日本市場は週初は日銀金融政策決定会合を控えて動き難いと思われます。特に何も変わらないと思いますが、「万が一変化があれば大きく動く」ということで慎重に見極めるということになるのでしょう。ただ、足元の決算発表でも特に悪いというものも見られず、総じて堅調な決算を受けて底堅さは見られそうです。22,500円~600円水準での値固めとなるかどうかということでさすがに一気に23,000円を目指すということにはならなそうです。米国経済指標なども気になり、為替動向も気になるところでもあり、上値は重くなるのではないかと思います。上値の重さが気になると高いものが買われるというよりは売られ過ぎたものが買われるということになるのでしょう。
     
     今週は月曜日は商業動態統計が発表され、火曜日は月末で有効求人倍率や完全失業率、鉱工業生産、自動車輸出台数や生産台数、消費動向調査や住宅着工統計が発表され、日銀の金融政策決定会合の結果や「展望レポート」が発表されます。水曜日は軽自動車販売台数や新車販売台数が発表になり、木曜日はマネタリーベースが発表されます。
     
      ≪注目トピック≫
     日銀の金融緩和政策の変化が取りざたされていますが、ここでいきなりマイナス金利を止めるというような緩和縮小となることはないと思います。もし、ここで大きく方向転換をするということになれば相場への影響は大きくなりそうですから、徐々に変更していくか、特に「緩和します」ということではなく、縮小することになるのでしょう。時期としてはまだまだ先なのでしょうが、一つの目安としては追加緩和を求めている審議委員が追加緩和を求めなくなるなどの兆候が見えてからになると思います。
     
    ≪注目株≫ -決算発表への反応は?-
    決算発表が始まりましたが、まだ「第1四半期」という決算も多く、ここでいきなり「上方修正」となるものは少ないと思います。それでも進捗率が高かったコマツ(6301)や日立建機(6305)などが買い直されるかどうかということも注目です。3月期の決算発表時には資生堂(4911)などは進捗率が高かったにも関わらず上方修正をせずに大きく買われましたが、今回も修正がないと逆に売られるということになりそうです。
    本来であれば、第1四半期の業績云々で特に大きく反応することもないのでしょうが、「ロボット相場」で一方向に動きやすく、デジタル的な動きなので今回も好調な決算を発表すればいったんは買われるということになると思います。
     
    ≪テクニカル分析≫
    ・NYダウ
     遅行線が日々線を抜けて「三役好転」となり、戻り高値を試す動きが続いていますが、RSIやストキャスティックスは高値圏からの調整をしさしており、移動平均線や基準線から乖離も大きくなっているのでいったんは調整となりそうです。
     予想レンジ  25,000ドル~25,800ドル
     
    ・CRB指数
     基準線を意識したところで上値が重く遅行線に押されて反落となっています。RSIは上値余地もあるのですが、ストキャスティックスは高値圏からの調整を示唆しており、いったん下値を試すような保ち合いとなると思います。
     予想レンジ  193pt~195pt
     
    ・日経平均
     雲を抜けて遅行線もぎりぎりで抜けて「三役好転」となりました。RSIやストキャスティックスも上値余地があるので堅調な地合いが期待されます。ただ、遅行線が絡む日々線が下落に転じており、連れての下落で雲のサポートを確認するということもありそうです。
     予想レンジ  22,200円~23,000円
     
    ・日経ジャスダック平均
     25日移動平均線や基準線を抜けて戻りを試す動きですが週末にかけて上値も重くなりました。RSIやストキャスティックスは上値余地もあるのですが、遅行線が日々線を意識して上値も重くなりそうです。再度25日移動平均線や基準線のサポートを確認するということもありそうです。
     予想レンジ  3,750円~3,850円
     
    ・ドル円
     基準線や25日移動平均に上値を押さえされる高値で上値が重くなっています。RSIやストキャスティックスはまだ下値余地もあり、遅行線が日々線のサポートを確認するような調整が見られそうです。
     予想レンジ  110.0円~112.0円
     
    アルゴナビスでは有料・無料のメールマガジンを送っていますがさらにラインナップを拡充、一つのメールマガジンを追加発行することになりました。是非、お申込みいただき、有効な投資の参考にしていただければと思います。
    「アルゴ倶楽部」会員を募集します!トレーディングプラザの利用なども含めて、実質年額1万円(+消費税)の会費です。現在入会いただきますと、清水著作の新刊本「常勝無敗の株投資術」を差し上げます。詳しくはお問合せ下さい。 info@argonavis.co.jp
     
    → 詳しくは http://argonavis.co.jp
    ***********************************
     
     ※ アルゴ倶楽部会員大募集!! *
     
    毎日、そして毎週土曜日午前中に会員向けに「ライブ配信」を行っています。
    是非、この機会に「アルゴ倶楽部」にご入会下さい。
     
     尚、アルゴ倶楽部入会ご希望の方は
     → https://www.c-sqr.net/?iwpass=u0FiDIfQfWDpNSSyxr&c=1
     から、入力いただき、有料会員の欄に「有料会員希望」
     または「無料会員希望」とご記入ください。詳細をご連絡いたします。
     
    ***********************************
     
    → 詳しくは http://argonavis.co.jp

    トリプルエー投資顧問
     
    当サイトの個人情報保護に関する事項に同意する
    当サイトの利用規約に同意する
    当サイトの書面の電子交付サービス概要に同意する

    弊社は金融商品取引法に基づいた確かな投資助言運営を行っておりますのでご安心してサービスをご利用ください。
    無料メール登録と同時に料金が発生したり不正な勧誘が行われることは一切ありませんのでご安心ください。

    バックナンバー
    プロフィール
ホームに戻る

弊社経営理念とご挨拶

株式投資の羅針盤
投資家から絶大な支持

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

銘柄に関するご相談はコチラからどうぞ!

LINE@
投資家タイプ診断
理解度テスト