無料コラム&レポート

ホーム > 無料コラム&レポート

  • 注目マーケットレポート

    週刊相場見通し -日々是相場ウィークリー
    2018/03/19 08:00更新
    ≪先週の相場概況≫
     先週の日本市場は上がりそうで上がらず、下がりそうで下がらず指数は底堅さは見られるものの上値が重い展開となりました。日中の値動きがあるように見えるのですが、結局終わってみると特に変わったこともなく指数は大きく方向感が出るということでもないという感じでした。決算期末ということでの持高調整の売り買いも出ているようで、個別の値動きで見ても下がれば買われ、上がれば売られるというものが多いような感じでした。米トランプ大統領の言動に振り回されているという感じでもあるのですが、大きな方向感が出るということでもありませんでした。
     
    ≪今週の相場見通し≫
    今週の日本市場は引き続き米国市場動向に振らされながら方向感に乏しい展開になりそうです。期末の持高調整の売り買いが中心で積極的に買い上がる材料も、売り急ぐ材料もないということですし、市場参加者が少ない感じもあり、指数は右往左往しながらも方向感がないということになるのだと思います。週央に休日を挟んでいることから、週前半と後半で相場の雰囲気も変わるということもあるのでしょうが、米国市場次第、為替次第ということになるものと思います。
     
     今週は水曜日が春分の日で休日となりますが、総じてみると期末の持高調整の売り買いが中心となりそうです。月曜日には鉱工業生産指数が発表になりますが、木曜日の貿易収支まで特に経済指標の発表はありません。週末金曜日は景気動向指数や工作機械受注、コンビニエンスストア売上高などが発表されます。桜の開花の季節ということで訪日外国人観光客の動向が気になるところです。
     
      ≪注目トピック≫
     米国株はナスダック指数が高値更新となる一方でダウ平均は冴えない展開が続いており、米国内の「分断」の一環が株式市場にも表れているという感じです。今週はFOMC(公開市場委員会)での利上げが確実視されており、「材料出尽くし」となるのか改めて利上げを織り込むように金利が上昇するということになるのかどうかということなのだと思います。日本市場もそうした米国の動きを受けて右往左往することになるのでしょうが、10年国債利回りの動きなどを見てみると既に織り込まれているのではないかと思われます。ただ、材料出尽くしということでも債券市場は動きもないのでしょうし、株式市場も金利よりも政府高官の人事などに振らされるということになりそうです。
     
    ≪注目株≫ -円高修正が見られるかどうか-
     日本株式市場が冴えない展開となっている一つの要因が為替水準が円高にあるということだと思います。3月期末ということで円高になっているということであれば、今週の米FOMCで利上げがあった場合にしっかりと円安=ドル高となるかどうかということだと思います。素直に円安になるということであれば、これまで売られていた輸出関連銘柄などが買い直されるのでしょうし、円高傾向が続くということであれば比較的為替の影響の少ない、三菱地所(8802)など不動産株などが買い直されるのでしょうし、期末が近づいてきたということで三越伊勢丹(3099)などの3月決算の小売株など株主優待が期待される銘柄なども買われるのではないかと思います。
     
    ≪テクニカル分析≫
    ・NYダウ
     25日移動平均線と75日移動平均線、一目均衡表の雲のねじれと株価が同じような水準にあり、月曜に上に抜けてくるか、下値に割り込んだ来るかでここからの相場の方向が決まりそうです。
     予想レンジ  24,200ドル~25,800ドル
     
    ・CRB指数
     雲の中でほとんど動きがありません。遅行線が日々線を上回ってきており、日々線も雲を抜けてくるところなので強含みに推移しそうですが、雲を抜けてからも雲のサポートを確認する場面もありそうで、保ち合いが続くと思います。
     予想レンジ  192pt~197pt
     
    ・日経平均
     25日移動平均線と基準線にサポートされている形ですが、遅行線が日々線の下落している日柄に応答しており、上値を押さえられています。RSIはまだ上値余地も大きいのですがストキャスティックスは高値圏からの調整を示唆しており、いったん遅行線が日々線に絡みながら下値を試す動きがみられるのではないかと思います。
     予想レンジ  21,000円~22,000円
     
    ・日経ジャスダック平均
     雲を抜けて来ましたが雲のねじれの日柄であり、RSIは上値余地も大きいのですが、ストキャスティックスは高値圏にあるので、遅行線が日々線の底値の日柄に応答しており、ここで底堅さがみられるかどうかということになりそうです。
     予想レンジ  3,950円~4,200円
     
    ・ドル円
     25日移動平均線や基準線を意識して上値が重くなっています。下値も堅く底値圏での保ち合いが続くという感じです。
     予想レンジ  105.5円~108.0円
     
    アルゴナビスでは有料・無料のメールマガジンを送っていますがさらにラインナップを拡充、一つのメールマガジンを追加発行することになりました。是非、お申込みいただき、有効な投資の参考にしていただければと思います。
    「アルゴ倶楽部」会員を募集します!トレーディングプラザの利用なども含めて、実質年額1万円(+消費税)の会費です。現在入会いただきますと、清水著作の新刊本「常勝無敗の株投資術」を差し上げます。詳しくはお問合せ下さい。 info@argonavis.co.jp
     
    → 詳しくは http://argonavis.co.jp

    トリプルエー投資顧問
    当サイトの個人情報保護に関する事項に同意する
    当サイトの利用規約に同意する
    当サイトの書面の電子交付サービス概要に同意する

    弊社は金融商品取引法に基づいた確かな投資助言運営を行っておりますのでご安心してサービスをご利用ください。
    無料メール登録と同時に料金が発生したり不正な勧誘が行われることは一切ありませんのでご安心ください。

    バックナンバー
    プロフィール
ホームに戻る

弊社経営理念とご挨拶

株式投資の羅針盤
投資家から絶大な支持

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

銘柄に関するご相談はコチラからどうぞ!

LINE@
投資家タイプ診断
理解度テスト