無料コラム&レポート

ホーム > 無料コラム&レポート

  • 注目マーケットレポート

    週刊相場見通し -日々是相場ウィークリー
    2018/03/12 08:00更新
    ≪先週の相場概況≫
     先週の日本市場は少しは落ち着いた動きになるかと思いましたが、相変わらず米国大統領の言動などに振り回されて右往左往する展開となりました。米国の関税問題で世界的な貿易戦争への懸念から始まり、月曜日には下値を試す動きになりましたが、21,000円を割り込むと買い戻しも入り下げ渋るという状況で、その後は先物・オプションSQ(特別清算指数)算出に絡む思惑などもあったのですが、米国の関税問題への懸念が薄れたといわれて買われ、懸念が強まったといわれて売られということで乱高下となりました。週末も今週の縮図のような相場となり、追加関税への懸念が薄れたといって買い先行となり、先物・オプションSQに絡む売りもあって上値が重く、米朝首脳会談のニュースで一気に買い上がられたものの、日銀の金融政策決定会合を受けて手仕舞い売りに押され、米雇用統計を控えてさらに手仕舞い売りに押され、最後は持高調整の買い戻しもあって戻すという感じでした。いっこうに落ち着かない相場となっています。
     
    ≪今週の相場見通し≫
     今週の日本市場は週末の米国市場が大幅高となったことなどから買い先行となりそうです。先週末はいったん大きく買われたあと急落となりましたが、今週は上値を試す動きも出てくるかもしれません。ただ、米国の関税問題や金利動向、そしてトランプ大統領に対する懸念が薄れたということでもなく、懸念は懸念として残っているので、上値は重くなりそうです。加えて、国内政局の混乱も見られ、特に何が変わるということでもないのですが、積極的に買い上がるという雰囲気でもないと思います。また、為替も円高一服とはなったもののまだまだ円高水準といえる水準であり、1ドル=110円程度まで円安とならないと高値を試す展開にはならないでしょう。そして1ドル=110円となるためには米国の金利が上昇する要因も「好景気での利上げ」ということでの金利上昇が見られないと110円水準までは抜けきれないのではないかと思われます。再度米国売りのような雰囲気になると下値を試す動きになりそうです。
     
    今週は月曜日に法人企業予測調査や工作機械受注が発表され、火曜日には企業物価指数、第3次産業活動指数が発表になります。水曜日は機械受注や商業動態統計が発表され、木曜日には首都圏マンション販売、金曜日は鉱工業制裁さん指数が発表されます。
     
      ≪注目トピック≫
     今週はスケジュール的なリスクはなさそうです。引き続き米国の金利、そしてトランプ大統領の言動などに振り回されることになるのでしょうし、追加関税を巡っての思惑などで世界的に金融市場が振り回されるということもありそうです。日本株に限って言えば、外部環境以外では3月決算期特有の持高調整や配当取りに絡む動きなどで指数先行で振らされるということがありそうです。
     
    ≪注目株≫ -「二番底」確認からの反発に期待-
     引き続き冴えない展開ですが「二番底」となったようなものも多く、週初に堅調となれば底入れ感が強まるのではないかと思います。注目される銘柄は「好業績銘柄」であるにもかかわらず売られているものなどの反発は期待できると思われます。村田製作所(6981)などの電子部品株、明治HD(2269)などの食品株、三越伊勢丹(3099)などの株主優待期待株などに注目です。
     
    ≪テクニカル分析≫
    ・NYダウ
     25日、75日の移動平均線や基準線が収斂しており、上値を押さえられていたのですが、雲の中に入り、これらの収斂した線を抜けてきました。RSIやストキャスティックスはまだ上値余地もあり、遅行線も日々線を抜けてきそうで、強含みに推移しそうです。雲を抜けてからはいったん雲のサポートを確認するような調整も見られるものと思います。
     予想レンジ  24,200ドル~25,800ドル
     
    ・CRB指数
     雲の中で基準線にサポートされながら保ち合いとなっています。RSIやストキャスティックスは中途半端な位置にあり、もうしばらくは雲の中での保ち合いが続くと思われます。
     予想レンジ  192pt~197pt
     
    ・日経平均
     再度下値の節目である21,000円水準を確認して反発、上値は節目と見られる22,000円水準というよりは25日移動平均線に押さえられた形となりました。今週は雲のねじれの日柄や遅行線が日々線に絡む日柄に応答し、動きが出てくるものと思います。21,000円水準を試す動きもあるのかもしれませんが、下げ渋りとなると買い戻しを急ぐ動きになるのでしょうし、逆に25日移動平均線を抜けてくると雲や基準線の水準まで戻すことになりそうです。
     予想レンジ  21,000円~22,500円
     
    ・日経ジャスダック平均
     雲の中での動きですが、75日移動平均線にサポートされています。25日移動平均線を週末に抜けて来ており、ここから雲を抜けてくるかどうかということになりそうです。遅行線が日々線に絡む日柄に応答しており、雲のねじれの日柄で上値を試す動きが期待されます。
     予想レンジ  4,000円~4,200円
     
    ・ドル円
     RSIやストキャスティックスは下値余地もあったのですが、「ダイバージェンス」となり、底堅さが確認された形です。基準線や移動平均線からの乖離も大きく、戻りを試す動きになりそうです。まだ、基準線の下落が続くので戻りも基準線までと考えられます。
     予想レンジ  106.0円~108.0円
     
    アルゴナビスでは有料・無料のメールマガジンを送っていますがさらにラインナップを拡充、一つのメールマガジンを追加発行することになりました。是非、お申込みいただき、有効な投資の参考にしていただければと思います。
    「アルゴ倶楽部」会員を募集します!トレーディングプラザの利用なども含めて、実質年額1万円(+消費税)の会費です。現在入会いただきますと、清水著作の新刊本「常勝無敗の株投資術」を差し上げます。詳しくはお問合せ下さい。 info@argonavis.co.jp
     
    → 詳しくは http://argonavis.co.jp

    トリプルエー投資顧問
     
    当サイトの個人情報保護に関する事項に同意する
    当サイトの利用規約に同意する
    当サイトの書面の電子交付サービス概要に同意する

    弊社は金融商品取引法に基づいた確かな投資助言運営を行っておりますのでご安心してサービスをご利用ください。
    無料メール登録と同時に料金が発生したり不正な勧誘が行われることは一切ありませんのでご安心ください。

    バックナンバー
    プロフィール
ホームに戻る

弊社経営理念とご挨拶

株式投資の羅針盤
投資家から絶大な支持

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

銘柄に関するご相談はコチラからどうぞ!

LINE@
投資家タイプ診断
理解度テスト