無料コラム&レポート

ホーム > 無料コラム&レポート

  • 注目マーケットレポート

    山根亜希子の注目マーケットレポート
    2017/07/27 08:00更新
    ■ピックアップ
    東建コーポレーション
    【1766】


    本日の日経新聞掲載の注目銘柄
    「1766」です。

    ※決算情報が少なかったため、
    少し前に発表された企業のものを使用します。

    地主に賃貸住宅経営を提案して、
    施工から管理、仲介までを一貫化している
    企業です。


    では数字の推移を見てみましょう。

    ■日経新聞記事より

    決算期 売上高(億円) 経常利益(百万円)
    16.4       2837           13607
    17.4    3053      19038      
    18.4(予) 3296      20019

    ■会社四季報   より(17年3月16日発売)

    決算期 売上高(億円) 経常利益(百万円)
    16.4       2837           13607
    17.4(予) 3030      15700    
    18.4(予) 3190      17700

    ■会社四季報最新号より(17年6月16日発売)

    決算期 売上高(億円) 経常利益(百万円)
    16.4       2837           13607
    17.4(予) 3040      16400    
    18.4(予) 3210      18500


    こちら四季報と日経新聞の内容を比べてみると、
    まず発売日ですが
    会社四季報 2017   3月16日
    会社四季報 2017   6月16日
    日経新聞  2017   6月14日

    四季報が発売される2日前の
    本決算発表でした。

    今回は四季報を2つ並べてみました。
    発売日が異なります。

    比べると、全ての結果と予想数字が
    四季報よりも日経新聞の方が
    上方修正されています。

    その要因で当日のチャートは
    窓を開けて大きく上昇していました。

    とても分かりやすい例ですね。
    あれから約1か月程度経っており、
    長期チャートを見ると今も
    天井付近に張り付いているようです。

    買いを仕掛ける場面だったのではないでしょうか?

    数字でこれだけ、わかりやすいものが
    先に出ているために、分析しやすいです。

    日経新聞発売後の当日に
    どのような動きをしているのかを
    確認してみてくださいね。

    このように、四季報と日経新聞の
    本決算をいつも見ておくことで
    売買タイミングを決定することが
    できるようになりますよ。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    また来週!


    以上が本日の注目銘柄分析、でした。
     
    当サイトの個人情報保護に関する事項に同意する
    当サイトの利用規約に同意する
    当サイトの書面の電子交付サービス概要に同意する

    弊社は金融商品取引法に基づいた確かな投資助言運営を行っておりますのでご安心してサービスをご利用ください。
    無料メール登録と同時に料金が発生したり不正な勧誘が行われることは一切ありませんのでご安心ください。

    バックナンバー
    プロフィール
ホームに戻る

弊社経営理念とご挨拶

株式投資の羅針盤
投資家から絶大な支持

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

銘柄に関するご相談はコチラからどうぞ!

LINE@
投資家タイプ診断
理解度テスト